␣space

心のスキマを埋める共感型まとめメディア

幸せだったからこそ辛い。一匹の猫と家族のちょっぴり切ないけど心あったまる話。

     641space

HIRA85_kamibukurokaraderesou500私が高校生の冬でした。家で飼ってる猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布た私の布団で。

5匹いたのですが、次々と飼い主が決まりとうとう1匹だけになりました。
その猫を「ゆめ」と言う名前にしました。毎日一緒で、私が怖がりなのを知ってか知らずか、お風呂に入ればマットの上で私がお風呂を上がるのをじーっと待っていてくれるこでした
私が帰ると玄関でちょこんと座って待っていてくれるんです。
悲しいことがあるとなぐさめてくれるかのようにずっと隣にいてくれました。
ゆめは私のたからものなんです。

私が20歳をすぎると、初めて彼氏ができました。彼氏もゆめを可愛がってくれて。すごく嬉しかったのを覚えています。
付き合って2年たち、同棲するようになりました。ゆめの事が心配で、妹や母にようすを聞いていたのですが、

「毎日夕方になると玄関で待ってるよ。帰ってこないよって教えてもずーっとまってるよ。」

次の日家に帰るとゆめは待っていてくれました。
玄関でちょこんとお座りして。

同棲から1年、結婚しこどもができました。11月31日予定日でした。
出産予定日1か月前、実家に帰りました。
こどもを産んだらゆめと一緒に遊びたいなぁなんて考えては1人にやけてました。
ところが、予定日10日前頃からゆめが元気がなくなりました。いつもいっている病院に連れていったら「この薬を飲んでいれば大丈夫です。」といわれ飲ませていましたが、2日たっても3日たっても元気になるどころかだんだん衰弱するのがわかりました。

別の病院に連れていくとレントゲンをとりました。先生がレントゲンを指して「なぜか体の中に膿が大量にあります。」といわれ即入院。
私が帰るとき、今までなかなかったゆめが「なんでおいてくの?」「私もいく」と言うように精いっぱいなくのです。

 

これが私の聞いた最後の声になるとは思いませんでした。

 

帰り道不安で不安で、泣きながら車を運転しました。
その日の夜中、なんと陣痛が来てしまいました。母に病院につれていってもらいましたが、なかなか出てきてくれませんでした。ようやく夕方無事、女の子が産まれました。

入院中もゆめが心配で母にゆめの具合を聞いてました。

そしたら、26日の朝、夢をみたんです。

元気なゆめ。

一緒に遊んでるゆめ。

あとにも先にもゆめの夢はこれ1回きりでした。
あ!きっとゆめは大丈夫なんだ!と思い、その日お見舞いに来た母にいつもと同じに聞いたら少し返事を濁しました。

 
「まだまだどうなるかわからないけどゆめも頑張ってるよ!」と。

 
そして退院しました。
何日か過ぎたある日、母が言わなきゃいけないことがあるんだよ。と言いました。
実家に帰ると、ゆめが冷たくなっていました。本当は寝てるんじゃないのって思うくらい寝てるようにしか見えません。
でも抱っこしても、固くて冷たいのです。
母に聞くと、26日の朝に病院から電話が来たそうです。
最後の最後、私はゆめを知らない場所で、一人ぼっちであっちにいかせてしまった。
後悔しか残りませんでした。
母にも辛い嘘をつかせ続けてしまいました。

これを書いている今でも涙が止まりません。
あの時どうすればゆめは今でも生きていてくれたのか。
その事が頭から離れません。
あれから2年。娘は2歳になりました。
いま、私に似て猫がだいすきです。

 

 

 

ゆめへ

私はゆめにあえてスゴくすごく幸せだったよ。ゆめは幸せだったかな?
最近娘が、ねこいる!っていうんだよ。
偶然かもしれないけど、わたしはゆめだったらいいなって思うんだよ。
もし会えるなら、夢でもおばけでもいいから会いたいよ。
最後1人にぼっちにしてごめんね。
いつも待たせてごめんね。
向こうでも待たせちゃうね。ごめん。
私のところに来てくれて、本当にありがとう。
だいすきだよ。

出典:

心が動いたら友だちにシェアしてね

「いいね!」で最新情報を受け取ろう!

 - 感動する・泣ける話 ,

Comment

  1. ミミロル より:

    ゆめ¢・・・!!
    天国でお幸せに・・・!!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

辛い家庭だからこそ訪れた、魔法の国での素敵な奇跡体験

  旦那の上司の話です。 亡くなったお子さんの話だそうです。   主人の上司のA課長は、病気で子供を …

娘を育て上げたお母さんの勲章 ~あなたの命を守れる人になりたい~

暴力的だった父は、彼女が一歳の誕生日を迎えた日に借金を残して自殺。 以来、母は昼夜を問わず働きました。 そしてどん底の生 …

年上だった彼女に指輪を指につけてもいいか?と聞きました

彼には「結婚相手」と信じて疑わない彼女がいました。 ある日のこと、仕事がひと段落ついて食事に行こうとしたその時に電話がな …

「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」生まれたときから重度の障害を持った少年が、一生懸命明るく生きた15年間

「母への感謝を綴った詩に涙」というタイトルで石川県に住む主婦、高崎千賀子さんの投書が新聞に掲載され感動の輪が広がっていま …

アルコールのニオイがする日記。彼女の孤独な病院生活に色を

オレには幼馴染の女の子がいた 小学校・中学校まで病気の為殆んど普通の学校に行けず いつも院内学級で1人でいるせいか 人付 …