␣space

心のスキマを埋める共感型まとめメディア

なにかを成したりしなくても、なにか努力しなくても、生まれたこと自体に意味がある

     278space

ANJ86_suyasuya500君がママのお腹にいるとわかったとき、ママは涙ぐんでいた。 妊娠したと聞いて僕は 「おーそうか」 なんて冷静に言おうとしたけどすぐに涙がでたんだ。

決して口には出さなかったけど、なかなか子供を授からないことでママは自分を責めていた。 僕はそれには気がついていないふりをしてきたから泣いたらダメだったんだけど我慢できなかったんだ。 君は生まれる前から、ただママのお腹にいただけで僕達二人を幸せにしてくれたんだよ。

それからの十月十日は毎日パパとママは君のことを考えていたんだ。 ママはお酒もカフェインも生ものも制限して生活していたし 激しい運動はもちろん、人混みなんかも避けて生活したんだ。 あのママが外出を控えるだなんて信じられないだろう?

そして君の服を買ったり、家を清潔にしたり、 家具を変えて君の場所を作って、無理して車まで買い換えて すべてが君を中心に動き始めたんだ。

トイレに行っても手を洗わないような僕が 毎日うがいと手洗いをしたのもママに風邪を移さないためだったんだよ。

最初の3ヶ月間はとても不安だった。 僕は誰にでも早期流産の割合が15%もあるなんて知らなかったんだ。 病院で検査があって、ママからの報告メールがあるたびに本当にビクビクしながら開封していた。 だけど検査の時にもらえるエコーの写真はとても楽しみだった。 心臓の音なんかも聞かせてもらったよ。

つわりで体中に湿疹ができたこともあった。 ママの腕や腿は正常な皮膚が見えなくなるぐらいひどい状態にまでなったけど 刺激の強い薬が使えないから痒くて眠れない夜もあった。 あまりに辛そうなママをみて、僕はママに 「大丈夫、絶対に良くなるよ」 と初めて根拠のないウソをついたんだよ。 あの時は僕はこんな日が半年以上も続くなら無理だと思ったけど 君のママは信じられない意志の強さでつわりを乗り切ったんだ。

そんな辛いこともあったけど、君がお腹にいることで、 僕はもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんたちもとても幸せだった。

僕らは顔を合わせるたびに君の話をしたんだ。 君の体重がどうなったとか、性別はわかったのか、名前を決めたのかとかね。 君の体重が1G増えるだけで幸せだったんだ。信じられないだろう?

そして君の家族はみんな君が生まれることを1年近くも心の底から願っていた。 僕たちは君に会えるのを本当に楽しみにしていた。

ついに君が生まれた瞬間はもちろんみんな泣いた。 うれしくて。うれしくて。 生まれてきたことがうれしくて、僕もママも、おじいちゃん、おばあちゃん、ひいおばあちゃんまでが泣いたんだ。

これはあまり伝えたくないけど、僕は君の出産中あまりに懸かっているものが大きすぎてうろたえていた。 院長先生に「パパしっかり」といわれてやっとか細く2回だけ「がんばれ」ってママにいったんだよ。 生んだのはママだ。ママはすごい。

こんなことを綴って結局何がいいたいかっていうと 要は君はなにかを成したりしなくても、なにか努力しなくても意味がある存在だってことだ。 (僕はいま君がうんこをするだけでものすごく喜んでいる!) 君が生まれるだけで神に感謝して涙を流した人を少なくとも僕は8人も知ってる。 そして実は君が生まれることを通じて僕自身も生まれて初めて自分は生きていていいんだと感じることができた。

もし君が自信をなくしてたり、不安を感じることがあったらこのお話を思い出してほしい。 君は生まれてきただけで本当に価値がある存在なんだ。

本当にうまれてきてくれてありがとう。

出典:

心が動いたら友だちにシェアしてね

「いいね!」で最新情報を受け取ろう!

 - 感動する・泣ける話 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

本当の意味で母親になることができた、二人だけの留守番電話のメッセージ

私が結婚を母に報告した時、ありったけの祝福の言葉を言い終わった母は、私の手を握りまっすぐ目をみつめてこう言った。 「私に …

世の中捨てたもんじゃない!公共バスの中で起こった切ないけど少しだけいい話

  10歳の息子がある病気を持っており、車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。知能レベ …

天国の妻から届いた最後の手紙。最後のお願い、どうか私のことを忘れないで

彼の奥さんは辛く激しい闘病生活の末、その短い生涯を閉じました。それから五年後、彼のもとへと一通の手紙が届けられました。そ …

年上だった彼女に指輪を指につけてもいいか?と聞きました

彼には「結婚相手」と信じて疑わない彼女がいました。 ある日のこと、仕事がひと段落ついて食事に行こうとしたその時に電話がな …

迷惑は自分に返ってくる。飛行機内で実際にあった素晴らしいクレーム処理

  50代とおぼしき妙齢の白人女性が機内で席につくと彼女は自分の隣が黒人男性であるという事に気がついた。周囲に …