␣space

心のスキマを埋める共感型まとめメディア

天国の妻から届いた最後の手紙。最後のお願い、どうか私のことを忘れないで

      2014/09/03  921space

ELLY95_hanatotegami500彼の奥さんは辛く激しい闘病生活の末、その短い生涯を閉じました。それから五年後、彼のもとへと一通の手紙が届けられました。それは先立った愛しい妻からの手紙でした。

 

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなって五年後、こんな手紙が届いた。

どうやら死期が迫ったころ、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。

 
以下全文
 
Dear 未来の○○
 
元気ですか?大好きな仕事はうまくいってますか?きっと○○だもん、今ごろ凄い出世してるんだろうなあ。嬉しいぞ。
早速だけど、私はもう長くないみたい。仕事柄、なんとなく自分の体のことはわかるんだあ。薬もだいぶ変わったしね。
だから、○○に最後の手紙を書くことにしました。
 
もう今頃新しいかわいい奥さんが出来てるかな? (笑)

 
いいんだよ、私に遠慮しないで幸せになってよ。○○は誰かを幸せにできる才能を持ってる。その才能を持った責任を負わなきゃいけないんだ。
 
○○が幸せになるところ、きちんと見守ってるからね。私は大丈夫。向こうでイケメン見つけて恋するもんね! (笑)
そして○○は沢山子供を作ってステキな家庭を作るの。○○の子供だもん、きっとかわいいんだろうなあ~
私生まれ変われたら○○の子供になっちゃおうかな (笑)
生まれ変わりの順番待ちがあったら割り込んじゃうもんね!おばさん発想だな。
 
 
でもね、一つだけお願いがあります。

 

 

どうか私のことを忘れないで。

 

 

どんなに幸せになっても、一年に何回かでいいから思い出して。
私はもうお父さんもお母さんもいないから、、○○が忘れたらもうこの世界に私はいなくなっちゃう。それだけが怖いんだ。
何回かというのはね、
付き合い始めた日、幕張のレストランに海。
一緒に行った夏の北海道、あの時くれたネックレスはずっと今でもつけてるよ。お棺にいれないでね、○○が持ってて。

○○が初めて試合でレギュラーになった日、関係ないとは思いきや、実は私が初めてお弁当を作った日だったのだ笑 卵焼き辛くて悪かったな

結婚記念日は○○酔いつぶれてたし、いいや (笑)
そして私の命日。多分○○のことを思いながら幸せに眠るんだろな。
この四つが私の思い出ランキングトップです!だから年四回でいいから思い出してね。お願いね。
○○が思い出してくれるとき、きっと私はその瞬間だけこの世界に生き返れるんだ。
最後までわがままだね (笑) ごめんなさい。
 
 
未来に向けて書くつもりが、なんかよくわかんなくなっちゃった。だって○○の未来は輝いてて、眩しくて、全然見えませんよ!
 
さて、レントゲンに呼ばれたのでこれで終わりにします。時間かけて書くと長くなりそうなので、思いつきで書いたこの手紙で一発終了。
 
○○、今までありがとう。悲しい思いをしてしまったらごめんなさい。
あなたと過ごした私の人生、あなたと作った私の人生。幸せ過ぎてお腹いっぱいです。もう悔いはないよ。
○○の幸せをずっとずっと見守ってます。
未来の○○の笑顔を思いながら
△△より
 
 
ps.ご飯はちゃんと食べるんだよ
 
 
最後まで注文ばっかだな全く
オレはまだ一人だよ
でも幸せだ この手紙をみて改めて実感した
オレ頑張るから、ずっと見ていてくれよ
ありがとう

出典:

心が動いたら友だちにシェアしてね

「いいね!」で最新情報を受け取ろう!

 - 感動する・泣ける話 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

さよならの理由 ~「お姉ちゃんに会いに来てくれませんか?」~

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。 「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」 就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣 …

アルコールのニオイがする日記。彼女の孤独な病院生活に色を

オレには幼馴染の女の子がいた 小学校・中学校まで病気の為殆んど普通の学校に行けず いつも院内学級で1人でいるせいか 人付 …

辛い家庭だからこそ訪れた、魔法の国での素敵な奇跡体験

  旦那の上司の話です。 亡くなったお子さんの話だそうです。   主人の上司のA課長は、病気で子供を …

幸せだったからこそ辛い。一匹の猫と家族のちょっぴり切ないけど心あったまる話。

私が高校生の冬でした。家で飼ってる猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布た私の布団で。 5匹いたのですが、次々と飼い主 …

「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」生まれたときから重度の障害を持った少年が、一生懸命明るく生きた15年間

「母への感謝を綴った詩に涙」というタイトルで石川県に住む主婦、高崎千賀子さんの投書が新聞に掲載され感動の輪が広がっていま …