␣space

心のスキマを埋める共感型まとめメディア

「愛」を確かめるために近づく、それでも「愛」に距離は必要。この意味がわかりますか?

      2014/09/05  467space

遠距離恋愛をしている2人が、お互いに出会うために約1ヶ月かけて、

なんと1,000km(10億ミリ)の道のりを実際に走ったというすごい内容です。

 

 

2009年カンヌ国際広告祭フィルム部門で、
日本では13年ぶりとなる金賞を受賞したコマーシャルフィルムです。

 

男は福岡から、女は東京から、
その愛を確かめるため、走りました。

 

それでも「愛」に距離を。

心が動いたら友だちにシェアしてね

「いいね!」で最新情報を受け取ろう!

 - 感動する・泣ける動画 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【泣ける歌】僕が生まれた時のこと-It was when I was born-安達充

この歌を聴くと、ふだん本当に忘れがちな親の恩を思い出さずにはいられなくなります。   ~僕が生まれた時のこと~ …

嘘だらけの日常で響く本当の言葉。人々にうそ発見器がついている世界を描いたCM

  「もしも人にうそ発見器がついていたら」という言葉からCMは始まります。 主人公の女性にしか、うそ発見器は見 …

「音楽は、言葉を超える。」 盛岡の音楽教室のCMが感動する

話題になっているのは、盛岡市を中心に岩手県内で書店、楽器店、音楽・英語教室を運営する東山堂(盛岡市中ノ橋通1)が3月8日 …

生まれてくる子どもへのメッセージ。Googleを使った素敵な共有

かけがえのない思い出を娘とシェアするために、ある父親が考えたウェブの使い方を描いています。 本当にGoogleさんはこう …

『先生と少年』 ~35万人が涙した感動実話~ 『心に響く小さな5つの物語』

タカトシの涙が止まらナイトで放送された泣ける実話ドラマです。     以下動画に対するコメントです。 …