␣space

心のスキマを埋める共感型まとめメディア

「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」生まれたときから重度の障害を持った少年が、一生懸命明るく生きた15年間

      2014/10/30  1,003space

9b94ca13f943cbeacd26f2d996e9b994_s「母への感謝を綴った詩に涙」というタイトルで石川県に住む主婦、高崎千賀子さんの投書が新聞に掲載され感動の輪が広がっています。

『美術館なんて趣味に合わないし、書道なんてつまらない・・・』
という女子高生の一団の言葉が、 美術館でボランティア監視員をしていた私の耳に入り、思わず口にしてました。

「あそこにお母さんのことを書いた書があるの。お願いだからあの作品だけは読んでいって」と・・。

女子高生たちは不承不承、私の指した書を鑑賞しました。
すると一人がすすり泣き、そこにいた生徒全員が耐え切れずに、泣き出したのです。

その書は生まれたときから母に抱かれ背負われてきた脳性マヒの人が、世間の目を払いのけて育ててくださった、 強いお母さんへの感謝の気持ちを綴った詩でした。

『「今の健康と幸福を忘れていました」と高校生たちは話し、引率の先生方の目もうるんでいました』

この詩の作者は山田康文くん。
生まれた時から全身が不自由で書くことも話すことも出来ない。
養護学校の向野先生が康文くんを抱きしめ投げかける言葉が康文くんのいいたい言葉の場合はウインクでイエス、 ノーの時は康文くんが舌を出す。

 

出だしの「ごめんなさいね おかあさん」だけで1ヶ月かかったという。
気の遠くなるような作業を経て、この詩は生まれました。

そしてその2ヶ月後、康文くんは亡くなりました。

ごめんなさいね おかあさん
ごめんなさいね おかあさん
ぼくが生まれて ごめんなさい
ぼくを背負う かあさんの
細いうなじに ぼくはいう
ぼくさえ 生まれなかったら
おかあさんの しらがもなかったろうね
大きくなった このぼくを
背負って歩く 悲しさも
「かたわな子だね」とふりかえる
つめたい視線に 泣くことも
ぼくさえ 生まれなかったら
ありがとう おかあさん
ありがとう おかあさん
おかあさんが いるかぎり
ぼくは生きていくのです
脳性マヒを 生きていく
やさしさこそが 大切で
悲しさこそが 美しい
そんな 人の生き方を
教えてくれた おかあさん
おかあさん
あなたがそこに いるかぎり

 

著者:山田康文

山田康文くんは1960年奈良県桜井市に生まれました。

山田家の次男で体重は2,700グラム、家族は大喜びでした。しかし生後12日目から熱が続き黄疸が出てきました。
乳首を吸う力がなくお母さんは異常に気づき奈良県立医科大学の門をくぐりました。
精密検査の結果は脳性マヒでした。

難産で康文くんの脳が酸素欠乏を起こしたか、脳内出血したかが原因でした。

お母さんの京子さんは万一を願い数々の病院を廻りました。
ハリ、指圧の治療、あらゆる治療法を行いました。
宗教団体にも入信しました。

しかし康文くんの症状はいっこうに良くなりませんでした。
お母さんは康文くんと一緒に死ぬことを考えました。
しかし死を押しとどめたものは家族ぐるみの愛と康文くんの生きる意欲でした。

康文くんは8歳の時、奈良の明日香養護学校に入学しました。
不自由児のための特殊学校で、康文くんも母子入学でした。
康文くんは明るい子でクラスの人気者になりました。

1975年4月には体の不自由な子供達が集う「タンポポの会」が「わたぼうしコンサート」を開き、康文くんの詩が披露されました。
このコンサートはテレビ、ラジオでも取上げられ森昌子さんが康文くんの詩を歌いました。

このコンサートのあと、康文くんは突然天国に行ってしまいました。

窒息死でした。
横になって寝ていたとき、枕が顔を覆ってしまったのです。

お母さんは毎日泣き通しでした。
康文くんの死後、お母さんの京子さんは「たんぽぽの家」の資金集めに奔走し、兄の英昭さんは脳性マヒの治療法を研究するため医大に進みました。

平成12年1月、七尾市にある願正寺の住職で書道家の三藤観映さんが康文くんの詩を読み感動して筆を取りました。
金沢市で開催された「現代美術展」に出展した三藤さんの作品は多くの人に感動を与えました。

今から30年ほど前の詩が三藤さんの書によって多くの人の感動を呼び、絶版になっていた『お母さん、ぼくが生まれて ごめんなさい』が25年ぶりに復刊しました。

51R2M3ZM7JL
康文くんの先生で、この本の著者の向野幾代さんは復刊にあたって
「あの子の詩は障害者が『ごめんなさいね』なんて、言わなくてもすむような世の中であってほしい、というメッセージ。

今もこうして皆さんの心に、呼びかけているんですね。

いま、障害者の問題は、高齢者の方たちの問題でもあります。『老いる』というのは、障害が先送りされているということ。
歳をとると、足腰が不自由になって車椅子が必要になったり、知的障害になったり・・・健常者の方も、たいていはいつか障害者になるんですよ。

だから康文くんたちは私たちの先輩。

世の中をより良くするよう切り開いてきた、パイオニアなんです」と・・・

心が動いたら友だちにシェアしてね

「いいね!」で最新情報を受け取ろう!

 - 感動する・泣ける話 , ,

  関連記事

辛い家庭だからこそ訪れた、魔法の国での素敵な奇跡体験

  旦那の上司の話です。 亡くなったお子さんの話だそうです。   主人の上司のA課長は、病気で子供を …

娘を育て上げたお母さんの勲章 ~あなたの命を守れる人になりたい~

暴力的だった父は、彼女が一歳の誕生日を迎えた日に借金を残して自殺。 以来、母は昼夜を問わず働きました。 そしてどん底の生 …

天国の妻から届いた最後の手紙。最後のお願い、どうか私のことを忘れないで

彼の奥さんは辛く激しい闘病生活の末、その短い生涯を閉じました。それから五年後、彼のもとへと一通の手紙が届けられました。そ …

最後の力を振り絞って・・・犬嫌いだった俺とダックスフンドの物語

ある朝 変な違和感がして 目覚ました 眼をあけると、何かが すぐ目の前にいた まだしっかり覚めない頭の中では それが何か …

「なぜ犬の寿命は人間よりも短いのか?」 愛犬を亡くした6歳の少年が語った答えに世界中が感動

愛犬の死を体験した、6歳の少年シェーン君の物語です。   10歳の愛犬のベルカーは、末期のがんに侵されていて、 …