␣space

心のスキマを埋める共感型まとめメディア

世の中捨てたもんじゃない!公共バスの中で起こった切ないけど少しだけいい話

     261space

PhotoFunia-14d614d_o

 

10歳の息子がある病気を持っており、車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。知能レベルは年齢平均のため、尚更何かと辛い思いをしてきている。

 

本日、通院日でバスに乗ったとき、いつも通り車いすの席を運転手が声かけして空けてくれたんだが、どうやらそれで立たされた人がムカついたらしく、ひどい言葉の暴力を喰らった。
「ぶくぶく醜い」
「何で税金泥棒のために立たされなきゃならないの」
「補助金で贅沢してるくせに」
「役に立たないのになんで生かしておくかなあ?」

 

それもこちらに言ってくるのではなく、雑談のように数人でこそこそ。それがまだ小さい子連れの母親のグループだった。

息子が気付いて「お母さん降りようか?」と言ってくれたんだが、実は耳が聞こえにくいため、声が大きく発音が不明瞭な息子に今度は普通の声で「きも!」と言われたよ。
あまりのことに切れて「何か息子の件でご迷惑でも?」と言ったら、笑いながら「何か?だってwwうけるwww」と嘲笑された。

 

さらに「うちは娘だから、あんなのに目付けられたくない」「アタマがないからレ●プされても泣き寝入りだもんね?」とも言われた。
さすがにもう降りようとしたら、運転手さんがバス停に止まって「えー、奥さん、ここで降りてください」と言われる始末。

 

『あーもーいいや、苦情だけ入れて二度とこの路線使うもんか』と思いながら車いすを外そうとしたら「あ、お母さんじゃなくて」と私を見て運転手さんが続けた。

 

 

「後ろの奥さん方、あなた方が乗ってること自体が他のお客さんに迷惑ですので、こちらで降りてください」

 

 

私ポカーン、息子もポカーン、指された子連れママたちもポカーン。

 

そしたら後部から
「さっさと降りろ!うざいんだよ!」
「食べこぼしは片付けて行きなさいよ!」
「ほらさっさと行きなさい!」との声が聞こえてきた。

 

さらに降りるときに運転手さんに「クレーム入れてやる!おぼえとけ!」と言ったら「はいどうぞ。乗車賃いりませんからさっさと降りてください」と言われてた。
その人たちが降りてからお礼を言ったら「迷惑行為排除は私たちの仕事ですから気にしないでください」と言われてしまい、もう私涙目。

 

冷たい視線ばかりと思ってたのに、世の中捨てたもんじゃないと思った。

出典:

心が動いたら友だちにシェアしてね

「いいね!」で最新情報を受け取ろう!

 - 感動する・泣ける話 ,

  関連記事

なにかを成したりしなくても、なにか努力しなくても、生まれたこと自体に意味がある

君がママのお腹にいるとわかったとき、ママは涙ぐんでいた。 妊娠したと聞いて僕は 「おーそうか」 なんて冷静に言おうとした …

忘れた約束と忘れられない約束。二人を繋ぎ続けたのは約束の指輪

人からじゃないけど俺の実話 俺今年で25になるんだけど高校生の頃の話しちょっと長くなる 小さい頃から幼なじみの女がいるん …

最後の力を振り絞って・・・犬嫌いだった俺とダックスフンドの物語

ある朝 変な違和感がして 目覚ました 眼をあけると、何かが すぐ目の前にいた まだしっかり覚めない頭の中では それが何か …

アルコールのニオイがする日記。彼女の孤独な病院生活に色を

オレには幼馴染の女の子がいた 小学校・中学校まで病気の為殆んど普通の学校に行けず いつも院内学級で1人でいるせいか 人付 …

「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」生まれたときから重度の障害を持った少年が、一生懸命明るく生きた15年間

「母への感謝を綴った詩に涙」というタイトルで石川県に住む主婦、高崎千賀子さんの投書が新聞に掲載され感動の輪が広がっていま …