␣space

心のスキマを埋める共感型まとめメディア

迷惑は自分に返ってくる。飛行機内で実際にあった素晴らしいクレーム処理

      2014/11/21  582space

NAT77_hikoukinohanetoaozora500-thumb-667x500-3012
 
50代とおぼしき妙齢の白人女性が機内で席につくと彼女は自分の隣が黒人男性であるという事に気がついた。周囲にもわかる程に激怒した彼女はキャビンアテンダントを呼んだ。

 

キャビンアテンダントが「どうなさいましたか?」と訊くと「分からないの?」とその白人女性は言った。
「隣が黒人なのよ。彼の隣になんか座ってられないわ。席を替えて頂戴」
 

「お客様。落ち着いていただけますか」とキャビンアテンダント。「当便はあいにく満席でございますが、今一度、空席があるかどうか、私調べて参ります」
 

そう言って去ったアテンダントは、数分後に戻って来てこう言った。
「お客様、先ほど申し上げましたように、こちらのエコノミークラスは満席でございました。ただ、機長に確認したところファーストクラスには空席があるとのことでございます」

 

 

そして、女性客が何か言おうとする前に、キャビンアテンダントは次のように続けた。

「お察しとは存じますが、当社ではエコノミークラスからファーストクラスに席を替えるという事は通常行っておりません。しかしながら、或るお客様が不愉快なお客様の隣に座って道中を過ごさざるをえない、という事は当社にとって恥ずべき事となると判断いたしますので当然事情は変わって参ります」

 

そして黒人男性に向かってキャビンアテンダントはこう言った。

「ということで、お客様、もしおさしつかえなければ、お手荷物をまとめていただけませんでしょうか?ファーストクラスのお席へご案内します」

 

 

近くの乗客が、歓声をあげるのをその白人女性は呆然と眺めるだけであった。
スタンディングオベーションを送る者もいた。

出典:

心が動いたら友だちにシェアしてね

「いいね!」で最新情報を受け取ろう!

 - 感動する・泣ける話 ,

  関連記事

本当の意味で母親になることができた、二人だけの留守番電話のメッセージ

私が結婚を母に報告した時、ありったけの祝福の言葉を言い終わった母は、私の手を握りまっすぐ目をみつめてこう言った。 「私に …

辛い家庭だからこそ訪れた、魔法の国での素敵な奇跡体験

  旦那の上司の話です。 亡くなったお子さんの話だそうです。   主人の上司のA課長は、病気で子供を …

最後の力を振り絞って・・・犬嫌いだった俺とダックスフンドの物語

ある朝 変な違和感がして 目覚ました 眼をあけると、何かが すぐ目の前にいた まだしっかり覚めない頭の中では それが何か …

「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」生まれたときから重度の障害を持った少年が、一生懸命明るく生きた15年間

「母への感謝を綴った詩に涙」というタイトルで石川県に住む主婦、高崎千賀子さんの投書が新聞に掲載され感動の輪が広がっていま …

さよならの理由 ~「お姉ちゃんに会いに来てくれませんか?」~

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。 「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」 就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣 …