␣space

心のスキマを埋める共感型まとめメディア

「 感動する・泣ける話 」 一覧

迷惑は自分に返ってくる。飛行機内で実際にあった素晴らしいクレーム処理

  50代とおぼしき妙齢の白人女性が機内で席につくと彼女は自分の隣が黒人男性であるという事に気がついた。周囲に …

  2014/11/21    ,    576space

世の中捨てたもんじゃない!公共バスの中で起こった切ないけど少しだけいい話

  10歳の息子がある病気を持っており、車いす生活で、さらに投薬の副作用もあり一見ダルマのような体型。知能レベ …

  2014/11/20    ,    261space

「お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい」生まれたときから重度の障害を持った少年が、一生懸命明るく生きた15年間

「母への感謝を綴った詩に涙」というタイトルで石川県に住む主婦、高崎千賀子さんの投書が新聞に掲載され感動の輪が広がっていま …

  2014/10/24    , ,    997space

「なぜ犬の寿命は人間よりも短いのか?」 愛犬を亡くした6歳の少年が語った答えに世界中が感動

愛犬の死を体験した、6歳の少年シェーン君の物語です。   10歳の愛犬のベルカーは、末期のがんに侵されていて、 …

  2014/10/03    ,    604space

アルコールのニオイがする日記。彼女の孤独な病院生活に色を

オレには幼馴染の女の子がいた 小学校・中学校まで病気の為殆んど普通の学校に行けず いつも院内学級で1人でいるせいか 人付 …

  2014/09/16    ,    276space

年上だった彼女に指輪を指につけてもいいか?と聞きました

彼には「結婚相手」と信じて疑わない彼女がいました。 ある日のこと、仕事がひと段落ついて食事に行こうとしたその時に電話がな …

  2014/09/11    , ,    616space

さよならの理由 ~「お姉ちゃんに会いに来てくれませんか?」~

付き合って3年の彼女に唐突に振られた。 「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」 就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣 …

  2014/09/07    , ,    420space

最後の力を振り絞って・・・犬嫌いだった俺とダックスフンドの物語

ある朝 変な違和感がして 目覚ました 眼をあけると、何かが すぐ目の前にいた まだしっかり覚めない頭の中では それが何か …

  2014/09/05    , ,    499space

子どもを産むからには、どんな子でも受け入れる覚悟を持たなければいけない。

妊娠14週でお腹の子が無脳児と発覚したご夫婦。 夫と一人息子、家族三人の心の葛藤と、感動を綴った日記を御存知ですか? 「 …

  2014/09/04    ,    1,459space

天国の妻から届いた最後の手紙。最後のお願い、どうか私のことを忘れないで

彼の奥さんは辛く激しい闘病生活の末、その短い生涯を閉じました。それから五年後、彼のもとへと一通の手紙が届けられました。そ …

  2014/09/03    ,    921space

忘れた約束と忘れられない約束。二人を繋ぎ続けたのは約束の指輪

人からじゃないけど俺の実話 俺今年で25になるんだけど高校生の頃の話しちょっと長くなる 小さい頃から幼なじみの女がいるん …

  2014/09/02    ,    347space

なにかを成したりしなくても、なにか努力しなくても、生まれたこと自体に意味がある

君がママのお腹にいるとわかったとき、ママは涙ぐんでいた。 妊娠したと聞いて僕は 「おーそうか」 なんて冷静に言おうとした …

  2014/09/01    ,    278space

幸せだったからこそ辛い。一匹の猫と家族のちょっぴり切ないけど心あったまる話。

私が高校生の冬でした。家で飼ってる猫が赤ちゃんを産みました。しかも電気毛布た私の布団で。 5匹いたのですが、次々と飼い主 …

  2014/08/29    ,    641space

本当の意味で母親になることができた、二人だけの留守番電話のメッセージ

私が結婚を母に報告した時、ありったけの祝福の言葉を言い終わった母は、私の手を握りまっすぐ目をみつめてこう言った。 「私に …

  2014/08/28    ,    680space

辛い家庭だからこそ訪れた、魔法の国での素敵な奇跡体験

  旦那の上司の話です。 亡くなったお子さんの話だそうです。   主人の上司のA課長は、病気で子供を …

  2014/08/27    ,    328space

娘を育て上げたお母さんの勲章 ~あなたの命を守れる人になりたい~

暴力的だった父は、彼女が一歳の誕生日を迎えた日に借金を残して自殺。 以来、母は昼夜を問わず働きました。 そしてどん底の生 …

  2014/08/27    ,    300space